iPadへHDMIで映像入力|iPadをビデオモニタとして使えるか

iPadは、Lightningコネクタを利用し、テレビなどの大画面にiPadの映像を出力することができます。

Lightningコネクタを映像出力端子として利用することができるのです。

では、逆はどうでしょう。iPadにHDMI経由で映像を入力することができれば、カメラの外部モニタとして利用したり、ビデオ撮影時のプレビューに非常に便利です。

iPadにHDMI入力はできるか

探してみました。

Amazonで探すと「iPad Lightningコネクタ対応 Lightning〜HDMI変換アダプタ」というものが出てきました。


&QOOPER 最新版 iPhone テレビ 接続ケーブル HDMI 変換アダプタ Lightning HDMI 持ち運びポーチ付き 高解像度 HDMI変換ケーブル 変換アダプタ ライトニング ケーブル HDMI分配器 iPhone iPad ipod 対応

これを使うと、Lightning〜HDMIで端子の変換をすることができます。

これは非常に便利で、Wifi経由での伝送に対応していないプロジェクターを使ってプレゼンテーションを行ったり、テレビの大画面でiPadに入っている映像などを楽しめます。

そこで、その逆 つまり「カメラなどの外部機器の映像をiPadに入力」できないか、調べてみました。

iPadに映像入力できれば、カメラのモニタとして使える

iPadに映像入力できれば、カメラのモニタとして使える

調べてみたところ、

iPadには上記のようなHDMI出力機能はありますが、HDMI「入力」機能はないようです。

対応していないのはハードウェアの問題で、アプリなどを入れてもiPadに外部映像入力をすることはできないようです。

つまり、iPadの画面を外部のデバイスに映すことはできても、外部の映像をiPadに映すことはできないです。

もしiPadにHDMI入力機能があれば、映像撮影や写真撮影のときに大きな画面でフォーカス調整やその他微調整ができ、撮影用のサブモニタとしてとても便利になると思います。

特に映像撮影ではカメラの3.5型程度の小さい画面ではピーキングをしてもフォーカスの合い具合が分かりづらいことがあります。iPad Proであれば4Kのモニタにも使えるかもしれない、と思ったのですが、少し残念です。

この方法なら一応使える

iPadへHDMIを直接入力することはできませんが、

Duet Display」というアプリを使えば、間接的にHDMI入力をすることができます。

つまり、一旦何らかの形でパソコンに映像を入力して、それを「Duet Display」を利用してワイヤレスで映像を伝送するというものです。

今後に期待

iPadの画面は、iPad Proだと非常に解像度も高く、色再現性も高いので映像をインプットしてモニターとして使うという需要は非常に高いのではないかと思います。ビデオメモリ等の問題もあるのかもしれませんが、今後に期待をしたいと思います。

2017年11月04日|

コメント