ウラジオストクのスーパーで買うおすすめのおみやげ

ロシア・ウラジオストク旅行記3回目の今回は、ウラジオストクのスーパーで買えるおすすめのおみやげを紹介します。

ウラジオストクは人口65万人のある程度大きな街ということもあり、市内中心部には「Clover House」という大型ショッピングセンターやロシア各地にあるデパート「グム百貨店」もあり、買い物を楽しむことができます。

スーパーでのおみやげはФреш 25で

「Clover House」には、地下1階に「フレッシュ25(Фреш 25)」という大きなスーパーもあり、おみやげは全部ここで揃います。

ウラジオストクで日本製ティッシュの販促

ウラジオストクで日本製ティッシュの販促

お店に入ってびっくり。

この日は日本製「エリエール」のお試しキャンペーンをしており、日本製のティッシュを実際に使ってみて肌触りを体験できました。スタッフは青の柔道着。外気温-14℃から一気にお店に入ると鼻水が出るので使わせてもらいました。

さすがロシア お酒の種類が豊富で安い

ウォッカが大量に並ぶ

ウォッカが大量に並ぶ

さすがロシア。ウォッカを中心にお酒の種類が豊富です。

しかも度数の高いお酒も含めて、値段も比較的手頃でした。半年前にモスクワで買って気に入った「バイカル」というウォッカはなかったのですが、プーチン大統領に敬意を表して作ったという「プーチンカ(Путинка)」というウォッカはありました。

ビールも豊富

ビールも豊富

ビールもたくさんの種類があり、ラガービールを中心に、ロシアブランドのもののほか、シベリアや極東の地ビールたくさんおいてありました。

ウラジオストク地ビール

ウラジオストク地ビール

ウラジオストクのローカルビールを買ってみました。

ロシアはラガービールが多く、エールビールはまだすくない印象です。ヨーロッパのクラフトビールブームはまだ入ってきていないようです。地理的に日本に近いこともあり、日本のビールが結構どこのスーパーでも売られていました。

ロシアの養命酒

ロシアの養命酒

ウラジオストクで絶対買うべきなのがこのお酒。

「ウスリースキー・バリザム(Уссурийский Бальзам)」という名前の、ロシア版養命酒です。シベリアの広大な針葉樹林、タイガに生える薬草などを原料に作られたお酒です。濃い茶色で、独特の香りがします。なんと1800年代から作られ続けているという伝統的なお酒で、ウラジオストク近郊の、ロシア沿海州ウスリースク市でのみ作られています。

モスクワなどでは買えない、この地域限定のお酒ですので、結構レアです。果実や薬草などが混ざったような独特の香りがして、すごく健康によさそうです。

レトルトのボルシチもお忘れなく

レトルトのボルシチ

レトルトのボルシチ

ロシアといえばボルシチ。レトルトのボルシチが買えます。

これがあるといつでもロシアの味が楽しめそうです。パッケージもキリル文字で可愛いので、バラマキおみやげにもいいかもしれませんね。

イクラはロシアの名産

イクラの缶詰

缶詰

シベリアは海産物で有名です。生魚のほか、干した魚や缶詰の魚など日本では見ないものもたくさん売られていました。

そしてイクラはロシアの名産。「イクラ」というのは実はロシア語です。ウラジオストクのスーパーにも瓶や缶に入ったイクラがいろいろ売られていました。

アリョーンカのチョコも買える

ウラジオストクには、ロシアおみやげの定番「アリョーンカ」のチョコも売られていました。

ロシアはなぜか、チョコやお菓子は他の物よりも高めですが、ミルク感が強くおすすめです。

スーパーは楽しい

スーパーを巡るのはどこの国に行っても楽しいものです。キリル文字なので読んで理解するのに少し時間がかかりますが、どうやって食べるのだろう、これは何なんだろうと想像しながら可愛いおみやげ探しをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

「Clover House」地下1階の「フレッシュ25(Фреш 25)」では、クレジットカードも使えるのでおみやげ購入には便利です。みなさんもウラジオストクに行かれたらぜひ、行ってみてください。

タミフルが薬局で買える!?

タミフルが薬局で

タミフルが薬局で

なんとロシアでは、インフルエンザ薬の「タミフル」を薬局で買うことができます。試しに薬局でタミフルはあるか、聞いてみるとすぐに出してくれ、3000円ちょっとで買うことができました。

タミフルの上にあるのが「アツツ(АЦЦ)」という咳止め薬です。ロシアではよく効くと人気なようなので、買ってみました。

こういう日本で買えないものを買うのって楽しいですよね。

今回はロシア・ウラジオストクのスーパーを紹介しましたが、ウラジオストクの観光については、動画でも詳しく紹介しているのでせひご覧ください。

2018年05月24日|

コメント