120403NEX5steadi.jpg

NEX-5(レンズはE16mm F2.8)にマイク(ECM-SST1)を取り付け、スタビライザーHague Mini Motion Cam(ステディカム)のバランスをとってみた。

通常はズームレンズ(E18-55mm F3.5-5.6 OSS)を使っているが、このレンズに取りかえると総重量が相当軽くなる。またNEX-5の重心の位置が、中心からかなりずれる。

ウェイトは大が1個と、小が1個。腕はかなり楽になった。

これでドロップタイムは2秒~2.5秒。

屋内での撮影はこれで完璧(下の動画)。長時間使っていても腕には負担が少ないだろう。

 

問題は野外での撮影。

野外では風の影響をより強く受けるようになった。そよ風程度でも、左手を添えていないとカメラは回転してしまう。

またHague MMCのアーム部分の形状が、Steadicam Merlinのように丸くなっておらず、平べったい板のような形のため、より風にあたりやすい。

 

風には少し弱い印象だったが、この重量だと持ち運びもしやすく撮影も気軽にできる。

最近はSONYの空間手ぶれ補正など、手ぶれ補正技術が優れてきており、スタビライザーなしでもある程度安定した撮影ができるようになってきたが、やはりスタビライザー独特の安定感はたまらない。

LINEで送る
Pocket