iPadへHDMI映像入力・外部出力 – iPadをカメラの外部モニタとして使えるか

//iPadへHDMI映像入力・外部出力 – iPadをカメラの外部モニタとして使えるか

iPadへHDMI映像入力・外部出力 – iPadをカメラの外部モニタとして使えるか


iPadにはLightningコネクタやDock接続でHDMIに変換し、テレビなどの大画面にiPadのスクリーンをミラーリングできる「HDMI出力」機能があります。

この機能は非常に便利で、iPad用のKeynoteなどでプロジェクターを使ってプレゼンテーションを行ったり、テレビの大画面でiPadに入っている映像などを楽しめます。

そこで、その逆 つまり「カメラなどの外部機器の映像をiPadに入力」できないか、調べてみました。

iPadに外部映像入力ができると、撮影のライブビューモニタとして使うことができるなど、iPad使用の幅が広がります。

愛用しているSONYのフルサイズ一眼「α7」には、Wi-FiでカメラとiPadを接続する機能はありますが、無線なのでどうしても少しタイムラグがあり、動画では使えないためやはり有線で接続したいのです。

iPadとカメラを接続できるか

iPadとカメラを接続できるか

調べてみたところ、iPadには上記のようなHDMI出力機能はありますが、HDMI「入力」機能はないようです。対応していないのはハードウェアの問題で、アプリなどを入れてもiPadに外部映像入力をすることはできないようです。

つまり、iPadの画面を外部のデヴァイスに映すことはできても、外部の映像をiPadに映すことはできないです。

もしiPadにHDMI入力機能があれば、映像撮影や写真撮影のときに大きな画面でフォーカス調整やその他微調整ができ、撮影用のサブモニタとしてとても便利になると思います。

特に映像撮影ではカメラの3.5型程度の小さい画面ではピーキングをしてもフォーカスの合い具合が分かりづらいことがあります。

iPad Air 2だと画面の解像度はフルHD以上あるので、色などの確認には厳しいかもしれませんが、撮影した映像の確認には十分使えると思います。

iPadでは映像制作に使えるアプリも多く、カチンコとして音声と映像の同期に便利な「DSLR Slate」というアプリを頻繁に使っています。

携帯に便利なiPadの綺麗な大画面を映像制作や写真撮影のサブモニタとして使えるようになると、さらに便利になると思います。Appleのこれからに期待したいと思います。

LINEで送る
Pocket


2017-09-21T20:41:56+00:00 2012年04月04日|

コメント