近鉄 名阪ノンストップ特急が消滅 すべて津駅に停車

//近鉄 名阪ノンストップ特急が消滅 すべて津駅に停車

近鉄 名阪ノンストップ特急が消滅 すべて津駅に停車


近鉄特急アーバンライナー

自宅近くを走るアーバンライナー・プラス

近鉄の3月20日のダイヤ改正で、名古屋駅から大阪難波までをノンストップで走る、名阪ノンストップ特急がなくなり、全列車が津駅に停車することになった。

津に住む三重県民としては乗車できるアーバンライナーが増えて嬉しい半面、名古屋・大阪間をノンストップで走る、唯一の列車がなくなるのは少し寂しい気もする。

名古屋〜大阪の間を結ぶ特急列車は、近鉄特急のほかに東海道新幹線がある。東海道新幹線はすべての便が京都駅に停車するため、大阪・名古屋の2都市をノンストップで結んでいるのは近鉄特急だけなのである。

近鉄の名阪特急には、大阪と名古屋の間をノンストップ(一部の便は津駅にも停車)で走る名阪甲特急と、大和八木や名張、津、四日市などに停車する名阪乙特急がある。3月20日以降は、前者の名阪甲特急がすべての便で津駅に停まることになるということだ。

いまは名阪甲特急はアーバンライナー・ネクストを中心に構成され、名阪乙特急は旧アーバンライナーを改造して作られたアーバンライナー・プラスを中心に構成されている。津駅から甲特急に乗りやすくなると、アーバンライナー・ネクストに乗る機会が多くなると思うので、楽しみである。

 

この映像は、アーバンライナー・プラスに乗ったときに撮影した映像。津駅から大阪難波駅までの車内・車窓を収録した。やはり、アーバンライナーのデラックスカーは乗り心地がいい。

LINEで送る
Pocket


2017-09-21T20:41:58+00:00 2012年02月16日|

コメント