日本からスウェーデンへの国際郵便

日本の友人からスウェーデンの自宅にポストカードが届き、その郵便の住所面に

This item is destined for your country.

と書かれたテープのような紙が貼られていました。またその下には、

The sender's and addressee's address are in the opposite position.

It would be much appreciated if you could try to deliver it to the addressee. Thank you.

とも書かれていました。日本語に翻訳すると、

この郵便物は貴国宛のものです。

差出人と宛先の住所が逆に書かれています。もう一度、ご配達いただきますようお願い申し上げます。

ということです。気になって調べてみると、これは日本郵便がつけてくれたもののようです。

通常、アルファベット表記で住所を書くときは、上側に自分の住所、下側に相手の住所を書きます。

でも日本人は日本での習慣からよく逆に書いてしまうようです。この友人も、上にボクの住所、下に自分の住所を書いていました。

そのためにスウェーデンの郵便局が、誤ってスウェーデンに届いた郵便物だと判断し、一度日本に送り返したようです。そのあと、日本郵便が確かめ、このラベルを貼って再度スウェーデンに送ってくれたようです。

通常なら、差出人に戻ってしまうところを、再度配達依頼をしてくれる日本郵便の対応には驚きました。

しかし、通常なら日本からスウェーデンの郵便物は1週間程度で届くところ、このハガキは届くまでに2週間もかかってしまいました。確実に宛先の国の住所へ送るには、正しい形式で住所を書くことが重要です。

LINEで送る
Pocket