三重県南部の「答志島」へ行ってみました。

答志島は三重県鳥羽市にある7平方キロメートルのちいさな島です。

淡路島から三重県に引っ越して4年。いつか行こうと思っていたのですがなかなか行く機会がなく、伊勢より南へ行くのも今回がはじめてです。スウェーデン留学中の友達と久しぶりに会い、そのまま鳥羽へ。

鳥羽マリンターミナル

鳥羽マリンターミナル

近鉄鳥羽駅から10分ほど歩くと、「鳥羽マリンターミナル」が見えてきました。

港全体が新しく、きれいに整備されています。

自動券売機で答志島までのチケットを買いました。片道540円でした。

答志島への船「きらめき」

答志島への船「きらめき」

10:40発の答志島への連絡船「きらめき」で答志島まで向かいます。時間は約15分。

11:00に答志島到着。

最近は曇りや雨の日が多かったのですが、きょうはあおぞら。島日和です。

和具地域を散策して、首塚というちいさな山へ登ってみました。

答志島の和具地域からの眺め

答志島の和具地域からの眺め

ほんとうに綺麗なそらと海。輝いています。

島の南部を歩いているとお昼ごはんの時間になりました。

ロンク食堂

ロンク食堂

お昼ごはんは島の中心部まで歩き、「ロンク食堂」さんでいただきました。

1,300円のおさしみ定食。島でとれた新鮮なお魚がいっぱいでおいしかったです。

答志島の通り

答志島の通り

町の中心部を歩いて、お魚屋さん「米由商店」さんへ。

ちりめんやさよりの干物を買うと、おじさんが「めかぶ持って帰る?」と声をかけてくれ、採れたてのめかぶをそのままパッキングしてくれました。

答志島「米由商店」さん

答志島「米由商店」さん

この島のひとたちはみんな優しくフレンドリーです。

そのあと、北部の「岩屋山古墳」がある山へ登りました。

答志島パノラマ写真

答志島パノラマ写真

急な坂が多く、10分も歩くと汗だくです。丘へ登ると街並みが見下ろせました。

対岸には愛知県の伊良湖岬が見えます。

1時間ほど山道を歩いて、また答志の港へ戻ってきました。

10-DSC03074

帰りは16:10の船で鳥羽へ。夕陽が海に輝いていました。

はじめて訪れた答志島。平日ということもあり、観光客にはほかの会いませんでしたが、休みの日には観光客も多いようです。

島独特ののんびりしたあったかい雰囲気を感じられました。

島の雰囲気が、なぜか2年前に訪れたフィンランドの「スオメンリンナ島」に似ているなと感じました。島の大きさと、島までの距離が似ているからかもしれません。

名古屋からは約2時間、津からは1時間ちょっとで行けます。みなさんも機会があれば「答志島」ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket