金環日食 20倍速 微速度撮影

//金環日食 20倍速 微速度撮影

金環日食 20倍速 微速度撮影


今回の金環日食、定点カメラで20倍速の微速度撮影をしてみた。

右上から月が重なっていき、だんだんと欠けて金環になる様子がよく分かる。

今回の金環日食、3年前の7月に観察した部分日食よりも、「暗くなる」のがよく分かった。

「夕方」の薄暗さとはまた違う、「曇りの日」の暗さとも違う、部屋の電気を消したような不思議な感じがした。

夕焼けのようなオレンジ色になるのではなく、太陽光の白色で、一方向から光が差し込んでいるのにその明るさがいつもとは違う、おもしろい感覚だった。

以前の部分日食は曇りの中での観察だったので、それが感じられなかったのかもしれない。

 

きのう使った日食グラスは捨てないでほしい。

2週間後の6月6日には、「金星の太陽面通過」が日本全国で見られる。

今回は21世紀最後の金星太陽面通過で、今回見過ごしたら100年以上先までみることができない。

そして8月には「金星食」も見られるようだ。

LINEで送る
Pocket


2017-09-21T20:41:54+00:00 2012年05月22日|

コメント